差し押さえ無料相談ネット ※取り急ぎ対策案を知りたいあなたへ!

給与差し押さえ…会社はクビになってしまう!?

 

一般のサラリーマン相手に金銭上の請求をする場合、
裁判に勝ってもなお支払いをしてこない場合、
預金債権がどこにあるのかを特定するのは困難であることから、
その者が勤務する職場に対する給与債権を差し押さえることが一般的に行われます。

 

これによって、会社に対して債権者に支払いをするように命令がいくので
会社には差押えの事実がわかってしまいます。

 

会社には何がわかってしまうかといいうと、
民事上の金銭請求の裁判に負けてなお、支払いをしなかったことがわかってしまいます。
金銭請求の内容などはわからないのが通常でしょうが、
会社によっては事情を聞かれることもありうるでしょう。

 

差押えをされたことをいろんな人に言ってまわることは名誉棄損となるので、
大きな会社であれば総務部や人事部、法務部が内容を審査して、
債権者に一定額の支払いをするだけで事が大きくなるようなことはあまりありませんが、
小さい会社だとあっというまに会社に知れ渡ることがあります。

 

これにより、会社をクビになるかというと、
一般的にはこのこと自体をもって即解雇ができないのが日本の解雇に関する法律です。

 

業務外の私的な事情に基づくことであるため、
これをもって懲戒事由にはあたらないとみられているようです。

 

それでも「差し押さえ」と聞くだけでパニックになってしまったり、
これから差し押さえをされそうだけど出来る限り会社に迷惑をかけたくないなど、
とにかくどうにかしたいと思うのは当然だと思います。

 

そういった場合は1人で悩まず、
法律のプロである法律事務所(弁護士)に相談してみるといいでしょう。

 

無料相談を受け付けているおすすめの法律事務所に関しては
「差し押さえ無料相談ネット ※取り急ぎ対策案を知りたいあなたへ!」
のページをご覧ください。