差し押さえ無料相談ネット ※取り急ぎ対策案を知りたいあなたへ!

差押えを解除することはできる!?

 

差し押さえを解除する方法は2つだけです。

 

1つは借金を一括で全額返済すること。

 

もう1つは債務整理をすることです。

 

(この場合の債務整理とは自己破産か個人再生のことで、
任意整理や特定調停では差し押さえ解除はできません)

 

差し押さえは誰だって怖いと思っています。
解除する方法があれば行った方がいいでしょう。

 

税金によって解除する方法は幾つかありますが、
基本的には支払う必要性があることを知っておいてください。

 

市町村税を滞納している場合、延滞金込みで支払わなければいけません。
払えないのであれば役所の方に相談して対応してもらう必要があります。

 

その姿勢を見せなければ即刻差し押さえになることがありますので、
支払う姿勢を見せることが大切です。

 

追納という形で何とかなる場合もあります。
延滞金はかなり掛かりますが対応して貰えるのであればして貰った方が良いでしょう。

 

年金を滞納してる場合は、免除の申請に行くことをお勧めします。
免除申請が通れば差し押さえを解除することが出来ます。

 

1年以上滞納していて、
世帯主の収入が一定以上であれば差し押さえが執行されます。
執行を免れるためには免除の申請を行うか滞納分を払うしかありません。

 

免除の申請は役所に行く場合と、
年金機構で行っている場合のどちらかになります。
市町村がどのような対応をしているかを確認しておきましょう。

 

他の税金は支払わない限り差し押さえが執行される可能性は高いです。
払えないと思ったらまず役所に相談し、
その上で差し押さえを避けるための対策を取る必要があります。

 

借金返済の滞納による差押えの場合、
借金問題に強い法律事務所の弁護士に相談するのがおすすめです。

 

無料相談を受け付けているおすすめの法律事務所に関しては
「差し押さえ無料相談ネット ※取り急ぎ対策案を知りたいあなたへ!」
のページをご覧ください。