差し押さえ無料相談ネット ※取り急ぎ対策案を知りたいあなたへ!

差し押さえとは?※3分で解説

差し押さえとは支払う義務のある債務があるのに、期日までに支払いを済ませないまま、相手からの注意を無視し続けていた場合に、債務者が持つお金の処分などを強制的に禁止するというものです。差し押さえは別に、強制執行とも呼ばれることがあります。
強制的に禁止される差し押さえとは、ローンの支払いやキャッシング利用後の返済、公共料金や物やサービスの支払い、各種税金、慰謝料や養育費、損害賠償金などが該当します。
しかし、いきなり差し押さえられる訳ではなく、債権者はまず裁判所から差し押さえをする権利を得ます。この裁判所の判決書を無視して支払いを行わないと、債権者は債務者の意思に関係なく、預金口座などから必要分のお金を回収することができます。
実のところ差し押さえとは、テレビドラマなどでイメージの強い土地や貴金属を取り上げるという方法よりは、多くの場合で預金口座からの回収・給与からの回収の方が手段としてよく利用されています。
債務者にとって特に気を付けたいのが、給与からの回収です。会社員として働いている人は経営者から給与を支払ってもらうことになりますが、この時に差し押さえの対象になると、裁判所から会社の方に差し押さえ命令の書類が送付されます。つまり、従業員が債務の支払いを行ってないことを、経営者に知られてしまうということです。
このような状況を防ぐためにも、お金を借り入れたり後から支払いの義務があるものを利用する際には、無理なく支払える、余裕ある生活を送るのが大切となります。