差し押さえ無料相談ネット ※取り急ぎ対策案を知りたいあなたへ!

「差し押さえ」と通帳に書いてあったらどうする?

金融業者からの借り入れがあり返済をしていない場合には、通帳の差し押さえが行われるケースがあります。金融業者から裁判を起こされてしまうのが理由と異なりますが、通帳の差し押さえは通常であれば一度切りとなりますので、一度だけ口座のお金を失うことになります。しかし一度だけですからその後は差し押さえられることはないため、その後は自由に使用することが可能です。しかし金融業者には口座を知られてしまいますので、その後どんな問題が起こるかわからないと言えます。給料の振り込み口座を変更するか口座に入金しないようにしておく必要があると言えます。金融業者以外にも市民税などで差し押さえられるケースもありますので、基本的には払うものはしっかりと支払うことが大切です。法的な手段ですから避ける事が難しいため、通帳にお金をいれておかないなどの配慮が必要です。金融業者から差し押さえられるケースでは、明らかに返済が滞っている状況が考えられるため、回避するには確実な返済を心がけるしか無いと言えます。返済が行われていれば押さえられることはありませんので、本人のモラルの問題となってしまいます。返済ができないようであれば任意整理や自己破産など、債務整理を検討するのが基本と言えます。通帳に差し押さえられるお金があるわけですから、払えるのに払わないのは社会通念上許される行為ではないと言えます。返済が困難であれば債務整理によって借金を整理する必要があるのです。